股関節に詰まり感はありませんか?(2)

こんにちは!

スタッフの宮下から、前回の「股関節の詰まり感」について続きを書きます。

前回は骨の形状異常について説明しましたが、骨に異常がない場合は、股関節周囲の筋肉に問題があると考えられます。

実は股関節の詰まり感に関しては、ほとんどのケースが筋肉をうまく使えていない、または間違った使い方によって発生しています。特に股関節を伸展する動作において、お尻の筋肉(大殿筋、中殿筋)がうまく使えず、ハムストリングスに頼って動いているケースが多く見られます。

ハムストリングの力だけで股関節を伸展すると、股関節が前方に滑るのを助長させてしまい、屈曲した際の詰まり感が出てしまいます。この改善には、お尻の筋肉を正しく使うエクササイズが必要です。股関節前面のストレッチやマッサージ、鍼灸などでは、そもそも筋肉損傷による症状ではないため効果はさほど期待できません。むしろ筋肉が緩みすぎて、股関節の詰まり感を余計に助長する可能性もあります。

お尻の筋肉を意識的に使うことは意外と難しく、ある程度トレーニングが必要です。

股関節の痛みや詰まり感が治らないのには必ず原因があります。きちんと改善に取り組めば、体は必ず回復していきます。

股関節の痛み、詰まり感がある方はどうぞお気軽にご相談ください。