Fascia・ファシア

こんにちは今日はファシアについてです!

ファシア?と思う方も多いと思いますが、少し前にもNHKでもファシアの特集が放送されていました!
観られた方もいるのではないでしょうか!?
そこで今日はファシアが体にどのような影響を与えているのかを説明しつつ、当院ではまさしくファシアを狙った
施術をしているのでそこも一緒に書いていきたいと思います!

1.ファシアとは…
日本語訳すると「筋膜」と訳されます。
筋膜というと筋肉を包んでいる膜と思い浮かぶとおもいます。
ただ実際は、筋肉だけを包む膜だけでなく、骨・臓器・神経・血管・リンパなどの全身のあらゆる器官を包み、
全身の隙間という隙間に入り込み器官と器官を繋ぎ体内に張り巡らされています。

2.ファシアに異常が起こると?
ファシアは通常水分を多く含みみずみずしく、柔軟性があり滑らかに滑走します。
しかし、ファシアに異常をきたすと水分が減少し、弾性が失われ線維が高密度化を起こします!
またファシアには筋肉の約6倍の感覚神経受容体が存在するとも言われています。
痛みや、コリなどの感覚を多くは筋肉ではなく、筋膜から由来しているという事です。
これまで筋肉や関節、靭帯から発生していると思われていた痛みが実はファシアが原因の一つという事が考えられようになってきました。

ファシアの癒着が強くなると

カラダが動かしにくくなる=関節の可動域制限

力が入りにくい=筋出力の低下

痛みを感じる=癒着部位の牽引刺激

3.ファシアに異常をきたす原因は?
悪い姿勢
偏った動き
ケガ
同じ動作の繰り返し
運動不足

このような事でファシアに異常をきたします。

4.どうやって改善するか?
上記で書いた様々な原因をどのように改善していくかという事が大事になってきます。
当院では「FasciaSlickTechnic」というステンレスの特殊器具を用いて筋膜の癒着を解放していきます!
その後筋膜が整った状態で症状に合わせた適切なエクササイズを行うことで、
そもそもの動作エラーを改善していくことが重要となってきます!

アメリカでは金属ブレードを使用した筋膜施術は20年前頃から行われ、多くのトップアスリートから支持されています。
なかなか治らないでお困りの方、コンディションをもっと高めたい方ご相談下さい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です